スロー強打打法(フリー打ち)の考察

3910GO-ジャグラー攻略

スロー強打打法

スロー強打打法とは、強めにボタンを停止し、ゆっくりとゲームをこなすフリー(オヤジ)打ちの事を表します。

そのスピードは、一つの動作に0.5秒ほど使いながらレバーオンもボタン停止も行うくらいゆっくりとしています。

この打ち方の特徴は、高速強打打法と同じく、台に付いた変な癖を取り除く事ができます。

この打法は、払い出し速度が早かったストック機の頃に多くの台で使っていた打ち方で、10000枚を超える払い出しを最も多く記録している打法です。

フリー打ちの中では、最強の打法だと思っていますが、5号機以降は払い出し速度が遅くなってしまった為に活躍の場が減った打法です。

現在の5号機ジャグラーも払い出し速度が遅く、スロー強打打法で打つと時間内に回せる回転数が高速打法と比べると極端に減る為、この打ち方で打つことは気まぐれ時にしかありません。

スロー強打打法でジャグラーの払い出し5000枚を狙う事は難しいですが、この打法は高速打法に比べ、連荘が長くなる傾向にある為、2500枚程の払い出しを期待する場合は、ハマリが浅い分、早くに結果が出ることも稀にあります。

いずれにせよ、ジャグラーを打つ場合、波の良い状態で回転数を稼いだ方が、多くの払い出しが期待できる為、スロー打法は、それ程相性の良い打ち方とは言えないかもしれません。



ここは■006:スロー強打打法




カテゴリ

ジャグラーの打ち方考察




Copyright (C) 2008-2015 3910GO. All rights reserved.