高速ソフト打法(フリー打ち)の考察

3910GO-ジャグラー攻略

高速ソフト打法

高速ソフト打法とは、優しくボタンを停止し、なるべく速くにゲームをこなすフリー(オヤジ)打ちの事を表します。

そのスピードは、0.1秒も無駄な時間を作らない様にレバーオンもボタン停止も行います。(レバーオン後に放置し、リールが自動停止する時の速さ)

この打ち方は、最もスタンダードに波を作ることができる打ち方です。

私はジャグラーを打つ際に座った台のレバーやボタンに癖が付いている場合は、高速強打打法で台の癖を取り除きますが、癖が見当たらない場合は、高速ソフト打法で打っています。

ジャグラーの場合、高速ソフト打法で打つと高速強打打法に比べ、連チャンのスパンが短くなったり、レバーやボタンに癖が付きづらい為、大ハマリしづらくなります。

その為、私の経験上、4000枚を超える払い出しがされた時には、高速ソフト打法で打っていることが殆どです。

しかしながら、台に癖が付いている場合は、高速ソフト打法で癖を取り除く事はできいないので、高速強打打法で癖を取り除いてから高速ソフト打法に切り替える必要があります。

高速打法は、テンポがとても大切で少し間のある高速打法でずっと打っていると波が悪くなり、台に変な癖が付いて大ハマリすることがあります。

その為、高速打法で打つ場合は、超が付くほどスピードを意識しながら速く打つ必要がありますので、高速ソフト打法で打つ場合にもその辺りは気を配りながら実践する必要があります。

また、高速打法で打っていると、今までスムーズに停止できていたボタンが突然、停止できなくなることが起きたりします。

実は、この突然の変化により、ハマリに移行することが多々あるので、高速ソフト打法は、台の辞め時を見極める時にも使えたりします。

この様に高速ソフト打法は、台の変化を最も捉えることのできる打法でもあり、私が最もを好む打法です。

しかしながら、台に癖が付いている事が多々ある為に使う機会は少ない現実もあります。



ここは■005:高速ソフト打法




カテゴリ

ジャグラーの打ち方考察




Copyright (C) 2008-2015 3910GO. All rights reserved.