スローソフト打法(フリー打ち)の考察

3910GO-ジャグラー攻略
3910GO-ジャグラー攻略 >  ジャグラーの打ち方考察 > スローソフト打法

スローソフト打法

スローソフト打法とは、優しくボタンを停止し、ゆっくりとゲームをこなすフリー(オヤジ)打ちの事を表します。

そのスピードは、一つの動作に0.5秒ほど使いながらレバーオンもボタン停止も行うくらいゆっくりとしています。

この打ち方の特徴は、他の打ち方とは違い、特に目立った効果がないことにあります。

また、想像して頂くとわかるとか思いますが、この打法は、ヤル気のない人(出る気がしない人)が打っている打ち方に似ています。

つまり、ハマっている時のダラダラとした打ち方に似ている傾向にある為、既にハマっている状態の時にしばらくこの打ち方に変えてから、再び、高速打法に戻すとGOGOランプが点灯することがしばしばあるので、そういった時に稀に使う場合もあります。

また、高確率状態の時は、高速打法から突然スローソフト打法に変えるとこれもランプが点灯することがしばしばあるので、そういった時にも使う場合があります。

こういった事を行ってもランプが、点灯しない場合は、ハマリの危険性が高くなったりするので、そういった波の変化の目安を図る為にこの打法を使うことも稀にありますが、基本的にこのスローソフト打法は、ハマリ打ちに近い部分がある為、5号機ジャグラーでは、ほとんど使うことのない打法となっています。

ジャグラーを打っていてランプが、付かないという方は、この打ち方に近い打ち方をしていないか考えてみて下さい。

そもそもパチスロというものは、誰が打っても同じ結果になると思ったら大間違いです。

自分が打っているから出るということもあれば、自分が打っているから出ないという事も確実に起きる現実です。

もし、自分が移動した途端に次に座った人が1000円や2000円でボーナスを引くという事が多々ある場合は、もしかすると打ち方が悪い可能性も考えられますので、思い切って打ち方を変えてみるのも勝率アップに繋がるかもしれませんので、ぜひ試してみて下さい。



ここは■007:スローソフト打法




カテゴリ

ジャグラーの打ち方考察




Copyright (C) 2008-2015 3910GO. All rights reserved.